tel:0468459982

WEB予約

ブログ | 【逗子の整体】腰痛専門!逗子新宿二丁目整体院 | 整体 逗子 腰痛 ブログ

ブログ

  • 2020.7.30

     

    5/7のブログで、僕の二十歳過ぎたくらいまでの人生を綴りました。その後どうなったのか「続きが読みたい」のリクエストに応えて。ここに僕の人生part2を綴ってみます。ここまでの話がわからない方は5/7のブログを読んでいただければちょっと面白いかもです。

     

    オリンピックの夢を叶えることが出来なかった僕は、これから先どう生きていこうか悩んだ末に教師の道を選びました。教員免許は幼稚園・小学校・中学校・高校までの資格を全て取得していたので、「ほんじゃあ教師でもやってみっか~」くらいの気持ちで就いた初めての仕事でした。

    24歳の時に鹿児島県の教員採用試験に受かって、初任地として勤務したのが、垂水市立水之上小学校でした。垂水市は鹿児島県の大隅半島の桜島側に位置した漁業&農業中心の小さな市で、その市の郊外に水之上小学校はありました。全校児童100名ほどの小規模校でした。

     

    赴任したての僕は、何もかもが新鮮に感じました。何よりも子供たちがめちゃ純粋だったし、保護者の方々や地域の住民の方々も皆さんが温かくて。

    僕ら教師を「水之上小学校(地域の学校)の先生」として本当に心底信頼して見守って協力してくれました。飲み会にはしょっちゅう呼び出されて…当時焼酎大好き
    だった僕は、よく保護者の家に呼ばれて焼酎をゴチになっていましたね(;^ω^)

    お陰様で、僕は調子に乗って若さと体力を持ち味に子供達を引っ張っていった記憶があります。学習、校内行事は勿論、校区の行事や保護者との交流にも積極的に参加して初任校勤務既定の3年間は充実して過ぎていきました。その当時の学校でのエピソードには面白いものが山ほどありますが、ここで書くには長くなりすぎるので、またの機会にということでカットですm(_ _)m

     

    教師として働き始めたばかりの僕は、迷いながらも先輩先生に学びつつ試行錯誤して3年目にはそこそこ大きな県レベルの研究授業も任せてもらったり、主任等の役職も学校内外で経験しました。

     

    その水之上小2年目の秋のこと…鹿児島市で開催された鹿児島県体操秋季選手権という大会で、僕が担任していた当時4年生の子供たちが、小学校の部で団体総合優勝と個人総合優勝してしまったから…その時は学校を上げて地域を上げてもの凄く喜んでいただきました。で、僕自身もまだ体操の国体選手でもあったので同選手権に出場して「成年の部」で個人総合優勝しちゃいました。師弟優勝です。子供達は自信をつけて「将来は体操選手になりたい」などの夢を語り始めたのでした。

    が、しかし盛り上がるのはいいんだけど…公立学校の教員は転勤族なんですよ。鹿児島県では初任地3年経ったら県内の別地区に異動するのが通例でした。

    だから僕は「異動したらまた何もかもが0からやり直しなんだ」とちょっと複雑な気持ちでした。

    課外のボランティア活動として子供達に体操を教えるのはいいんだけど、それって何のため? その子達の将来まで体操選手として面倒みれるの? 等々…

    僕の中に葛藤が生まれ始めてきていました。本職は教師なんだ。教科と学校生活を共に学ぶ教師なんだと自分に言い聞かせながらも、何か自分の進む方向が

    明確にならないまま、時が流れていきました。

     

    そして3年目の春、ついに異動の発表です。 職員室で校長先生が発表した通達に職員室が騒めいたのは…僕の異動先を告げられたときでした。どこ?

    「垂水小学校」です。垂水市の中心校です。県内で1件の特例の辞令でびっくらこきましたよ。まったく(。´・ω・)?

    僕は奄美大島あたりに転勤して島の子供たちに夢を与えるのもいいかなという思いがあって離島に希望を出していたので、この異動は複雑な気持ちでした。

    まあでも「この垂水に必要」とされたわけだから光栄な話じゃんみたいに前向きに捉えて…この異動を機に、垂水小学校では、更に一段とパワーアップした

    超ハッスル教師に成長したのでした。

     

    垂水小学校に着任して子供たちと初めて対面する「新任式」という行事がありますよね。全校児童900名ほどの大規模校です。その子供たちを前に新任の先生達が

    横一列にずらっと並びます。校長先生が一人ひとり紹介してくれて、僕の番が来ました。

    朝礼台に上がった僕は一通り挨拶を終えて、最後に「今から僕がこの朝礼台の上から宙返りをして降りるからみんなよく見ててください。一回しかやらないからね。」と言って…背広スーツにネクタイのまんまピョ~ンって宙返りをして、着地までピタリと止めたんです。

     

    そのシーン、どうなったと思いますか? 一瞬の間をおいて、大歓声が沸き起こりました。 全校児童さん達が👀を丸くして超おったまげていました。 おそらく先生方の中には気分の悪い先生もいたと思います。「こいつ生意気なやっちゃ。ええ格好しやがって」みたいな。

     

    僕は子供たちに夢と希望を与える教育を目指していました。垂水小学校では最初から6年1組を担任したので、学校では全校を引っ張る馬車馬のごとく突っ張しっていました。当時は、ちょうど水谷豊主演の「熱中時代」や田原俊彦主演の「教師びんびん物語」がTVで放送されていて、よく似ているなどと言われようものなら、「僕は徳永龍之介とは全然違う…重光裕行なんだ」と自分らしさをめいっぱい主張していました。ちょっといい気な(生意気な)教師でした。今思えば。今の僕が当時の僕みたいな教師をみたら張り倒したいですよ。まったく生意気で。 でも誰にも止められないほどパワー全開だったからしょうがないんです(。´・ω・)? 

    他の先生方には内緒だったんだけど…夜の街中で、地元のヤクザの若い衆と危うく絡みそうになった場面が2回ほどありました。喧嘩には自信があったので、たぶん呼び込むような何かが僕にあったのかも知れません? 1回目は小野田剛君のお父さんに、2回目は内田美和さんのお父さんが間に入ってくれて危機一髪で難を逃れました。あとで考えたらヤバい話です💦

     


    それでも子供達は良くも悪くも僕と付き合って、僕についてきてくれたので、僕はとっても幸せな4年間をこの垂水小学校で過ごすことが出来ました。卒業式なんかは何度やっても涙・涙です。子供達の宿題や日揮は毎日目を通していたし、子供達と過ごした良き日の思い出は今でもいっぱいいっぱい僕の中に残っています。 

    その頃の子供達とは30年以上経った今でも交流が続いているし、たまにここ逗子を訪ねてきてくれる教え子もいるんです。超幸せだよね♥ 有難う!

     

    そんな超ハッスル教師だった僕が、垂水小に赴任して4年目の秋…突然、「心身症」みたいな心の疾患?に陥ったのです。本気で「死にたい」と思ったのは、この時が人生初でした。もしその時、精神科医を受診していたら「うつ病」とか診断されていたかも知れません。

    その頃の僕は、若いながらも校内や地区内で重要な役職をいくつか与えられていて、担任も6年生でしたし研究授業も県レベルのものをいくつもこなす超過密スケジュールの毎日でした。その上で、放課後には自ら立ち上げた体操部も指導していましたし。体操の県大会では4年連続優勝しました。結婚して子供も2人産まれていて、家族も大事、仕事は超ハード。身体と心が自分自身のキャパを超えて悲鳴をあげたんですね。 …パンクしちゃいました。

    僕は身体に異常を覚えるものの、そんな状況でも仕事は休まずに大きな学校行事等もなんとか無難にこなしていきました。精神科医に診てもらうのは躊躇っていて、東京で内科医を開業していた姉相談して…結果「学校を退職して神奈川に家族ごと移住して女房の実家の幼稚園経営を手伝う」という結論に達したのでした。

    「辞める」決断をしてからは、少しずつ気持ちが楽になってきました。 その頃僕は子供達には、毎日のように「ごめんね。先生がどうしょうもなくて」みたいな弱音ばっかり吐いていたように記憶しています。鬱っぽいと人は自分を蔑むんですね。そんな感じでした。 強がっていたけどホントは弱い人間だったんだとつくづく思いました。

    退職した春…4月には次の職場となる神奈川県の二宮郁美幼稚園に勤務しています。3月までの激務から逃れて、新たな気分で新天地でスタートを切った僕は、またも大きな仕事をこの二宮育美幼稚園で築いていきました。 ここからのストーリーも超面白いんですが…長くなったので、ここで一旦打ち切りますねm(_ _)m 

    逗子で「整体」をやっている今、当院は教職のクライエントさん達も多いので、学校現場の話とかもよく出ます。今の僕は人生経験も豊富になって傍から今の先生達に助言みたいなことを話したりもします。学校現場は今も昔もそう大きな変革はなさそうですが、子供達のために皆さん一生懸命頑張ってくださっている先生方に感謝ですm(_ _)m 僕みたいに負けないで頑張って欲しいと願っています。

    さてこの続き「幼稚園経営」~「整体師」までを書けるかどうかわかりませんが、とりあえずここまでの長文を読んでくださったことに感謝いたします。有難うございましたm(_ _)m

    写真は体操選手権優勝の記事と、子供達と夏の早朝にクワガタを採りに行った帰りの記念撮影です。

     

  • 2020.7.18

    (^O^)/こんにちは。今年の梅雨はとても長いですね。

    今日も逗子は朝から雨が降ったりやんだり…踏んだり蹴ったり???…でもないか🤣

    皆さんの地域は如何でしょうか? 暑いですか? 涼しいですか? 湿気多いかな? 逗子す逗子い🤣

     

    さて…昨日7/17は僕の63歳の誕生日でした(^^♪ 

    先週のブログにアップした旧友・小谷淳子に負けてはならぬ的な💦ライバル心がふつふつと沸いてきて…このタイミングで、

    「よっしゃ俺も」とばかりに昔の床運動の一コマを再現しようと試みてみました。

    (下に動画を張り付けたのでクリックしてみてください!)

     

    結果、ご覧のあり様で、皆さんにお見せできるようなしろものでもなかったのを敢えて載せるのをお許しくださいm(_ _)m

    なんせ、股関節、肩関節、手首…全部硬くなってしまっていて。 だから倒立の静止がめちゃ困難😝 

    やっぱ老いを認めるしかないか(;^_^A💦 

     

    これくらいは…「出来るはず。出来るつもり。あれっ?」「マジ? 上がらない。重い~( `ー´)ノ」

    って、こんな感じでした。

     

    昨日は、教え子の桃子の旦那さん(将英君)がたまたま来院してくれていたのでこの動画撮ってもらったんだけど。

    失敗しながら何度も動画を撮ってもらって…体力の衰えをひしひしと感じた63歳のBirthdayでした(^^♪

     

    それでも、昨日Facebookにこの動画を投稿したところ、えっ? 凄い! マジ? 63歳とは思えない 若っ! 

    身体柔らかい~等々嬉しいお褒めの言葉をたくさんちょうだいしたので、ちょっと嬉しかったりほっとしたり。

     

    こうやって、Facebookやブログに自分の言動やパフォーマンスを投稿するっていうことは、当然他人様の評価(批判も含めて)

    を覚悟して乗っけるわけで。それは僕としては、「自分を知る」ための一つの指標にもなるし、「自己満足」も得られるから。

     

    だから、自分では「イマイチだけど」をさらけ出して、それを他の人が「うわっ!すげ~」とか評価してくれると、それがまた一つの自信

    になって一つひとつ積み重なっていくんですよね。

     

    今回の挑戦は、「若い体操選手だったらこれくらいは普通でしょ」みたいなパフォーマンスを63歳の整体のおっさんがやってのけているところに

    皆さんが拍手してくれました🤣 自己満足…いんじゃない? 人生ってほぼほぼ自己満足だと思うから(^^♪ チャンチャン!

     

    そんな僕のブログに今日も最後までお付き合いいただいて誠ちゃんに有難うございましたm(_ _)m

     

     

     

  • 2020.7.16

    4日前

    見て見て👀😍 この写真、62歳のおばちゃんの倒立だよ~ん。素晴らしいでしょ(^_-)-☆

    今年はしっかりと☂降ってくれた梅雨も、もうそろそろ終盤を迎えてくれるはずなんだけど。

    皆さんの地域はお天気如何でしょうか?

    今日のブログも僕の最近のFacebook投稿からピックアップしました。

     

    こちらの女性…実は僕と同期で62歳。今から約40年前、鹿児島で体操やってた中学生の頃、この彼女(旧姓小谷淳子)と僕は鹿児島県の個人総合一位同士で、よく遠征試合とか一緒にいった仲です。学校は違ったんだけど☺

    彼女とは、僕が逗子に引越してくる前に住んでいた都内の荒川区で40年ぶりにばったり再会して以来、また(友達付き合い)復活しています。

    東京都の外出規制が緩和されて…先週の日曜日7/12、彼女は、彼女のお姉さんとそのお孫さんも一緒に連れて逗子に海遊び&整体に遥々🚙でやってきてくれました。このお姉さん(向かって右)も高校生の頃はバドミントンの鹿児島県チャンピオンでした🥰 今でもシニアのバドのクラブチームでバドやってて、肩を痛めたらしくて、僕の治療を受けにやってきました。

                                                                

         

                                                                              

    お姉さんの肩の治療は今日で3回目なんだけど、かなりいい状態まで改善されています。あとは1~2ヵ月に一回程度のメンテナンスしましょう! 淳子さんの方は、身体はすごく健康体で僕と同じみたい。開脚のストレッ

    チや倒立もご覧の通り見事にこなしてくれます。

     大好きな吉田拓郎の歌に「旧友再会フォーエバーヤング」っていうのがあるけど、やっぱいいですね。青春時代を共に競技した旧友と、数十年後にまたこうして逢って、今を語り合える。持っているものを提供しあえるって最高です。しかも鹿児島から遠く離れたこの関東で。

    僕は今、singleの生活を送っているけど、寂しさを感じないくらい逗子の地域のお友達がたくさんできました。 そして時々こうして同級生とか教え子とか娘とか兄弟とかが逗子に訪れてくれるのが嬉しくて仕方がありません 有難いね💓 嬉しい。鹿児島を思い出しちゃう🥰

     

    彼女が僕に言うのよね…「重光っちゃん! あんたその短パンどうにかしなさいよ~」だってさ🤣 ワオ~(#^.^#)だってこの方が身軽なんだもん( ^^) _U~~

    どうぞ当院の患者さんの皆様におかれましては、夏の期間この短パン・白衣の装いでめいっぱい上等な施術を提供させていただきますので

    何とぞよろしくお願いします(;^_^A💦

    最後まで読んでいただいて有難うございました。

     

     

  • 2020.6.29

     

    は~い(^O^)/皆さんおげんきですか?

    梅雨真っ只中ですが、今日の逗子は晴天の霹靂…じゃなくって💦 霹靂いらんわ~☺ 超気持ちイーテンキ&ノーテンキでもなく、とっても良いお天気でござんす☺

     

    さて今日のお話は、先日、僕個人のFacebookページにも載せた記事なんですが、このお話は当院のクライアントさんや当院にご縁のある方には知っておいて欲しい内容なので、そのまんまコピペしてここに紹介させていただきます。以下、Facebookページでの投稿文です。

     

    この子はマサコさんの形見…当院のマスコットです(^_-)-☆

    当院では、僕が院を離れている時や夜間にでもガラス越しに見えるようにお留守番をしてくれているマスコットがいます。

    この子は…今は亡き😪小西雅子さんが手作りしてプレゼントしてくれたものです。

     

    当院が開業して1年目の秋、雅子さんは当院に初めて首の異常で治療にみえました。それ以来、何かの時には当院に足を運んできてくれていました。 

    ところが、彼女が48歳の時に彼女は乳癌を宣告されました。彼女は主婦でしたが、二人のお子さんの子育てとお父さんの介護を兼ねていて…そんな中でご自身はトリマーの学校に通い、頑張ってその資格を取得して…ついにワンちゃんカットの店をここの近所にオープンさせました。逗子開成中高学園の海側の仕出し屋さんのお向いに。

    彼女とは…重光さんも一人で開業して頑張ってるし、お互いに好きなことで自営業を楽しく頑張っていこうねって、話したりしていました。

    彼女のお店の名前は、ワンちゃんが「尾を振る」をもじって「オーフル」と名付けました。

    そのオーフルには、夜間にも外から見えるようにワンちゃんのぬいぐるみ(彼女の手づくり)に「予約制」って書いて首にかけてありました。それを見つけた僕は「雅子さん、あんなの僕も欲しい」と軽く言ったつもりだったんだけど、雅子さんは、「いいよ私が作ってあげるね」って。

     

     

    そして数日後に持ってきてくれたのがこの子です。

    この子なにに見えますか? ウミガメです。 で、このカメさんの甲羅は僕の📲番号をひもでくっつけて記してくれています。海のそばだからウミガメくんだよね🥰 かわいいでしょ。

     

     


    その後1年も持たず…(涙)雅子さんは天国へ旅立ちました。

    だからこの子は雅子さんの形見なんです。

     

    あなたが当院の前を通った時にこの子を見かけたら、そんな思いで見てあげてください。

     

    雅子さん(人”▽`)ありがとう☆

     

  • 2020.6.18

    (^O^)/は~い皆さんこんにちは。 お天気は曇りです。今日も逗子から書いています。

    (写真は逗子の山上さん…今朝の入浴)

     

    ユーミンの🏠が逗子にあるって知っていますしたか? 今はご本人は住んでいないっぽいけど☺

    そのユーミンの昔の曲に「十四番目の月」というのがありますよね♪ この曲知ってる人? …はけっこうなオジサンorおばさんカモンベイビー?

    その曲の歌詞に…「次の夜から欠ける満月より、十四番目の月が一番好き」っていうフレーズがあります。絶頂の直前が好き・楽しいっていうことですかね?

    さて今日のテーマは、この曲のタイトルにも関係あるような無いような…「幸せな生き方」がテーマです。

    毎日を幸せに生きるための秘訣・ヒントをお伝えします。 シンプルだけど、奥の深い内容なので楽しんで読んでみてください。

    ちょっと長いよ。大丈夫? 気合い入れて読んでね(*´▽`*

     

    結論から先にお伝えしますね。

    決の論…「幸せに向かって歩いていく」って、たったのこれだけです(*’▽’)

    どういうことかというと…「未来にしわ寄せじゃじゃないや(汗💦) 幸せを設定する」っていうこと。

    ①例えば…

    「今週末は待ちに待ったディズニーランドだぁ~」っていう時。どうですか? もうその時点で幸せな気分になっちゃいますよね。パンフレット
    を見たり、旅行の準備をすることも、車を洗車するのことも全てが楽しく感じたり。仕事にも張りが出る。前日の夜なんかはワクワクして眠れなかったり。
    それでもディズニーランドに向かう車の中は、寝不足にも関わらず、ワクワクがやがやとテンションが上がりっぱなし。

    このように、「未来」に幸せを設定していると「今」幸せになれるんですよ。

    何故かというと、これは「ドーパミン」という(脳下垂体から出る)ホルモンが関係しているからなんです。
    ドーパミンは「喜び」や「生きてる実感」をつかさどっているホルモンです。

    このドーパミンは、嬉しいことや楽しいことをしている最中に分泌されるんですが、実はその手前…楽しいことをする前の方がよりたくさんのドーパミンが
    分泌されることが解っています。ドーパミンは「喜び」のホルモンであると同時に「やる気」ホルモンでもあるんです。だから、いつもならおっくうに感じる
    洗車も仕事もなぜか楽しくなってくる。その結果、幸せで充実した一日を送ることが出来るっていうわけです。

    ②もう一つの例…

    「仕事の後の一杯の🍺ビールが何より幸せ!この一杯のために辛い仕事も頑張れる」っていう人と、それとは逆に「仕事のストレスを酒で紛らわしている」という人。この二人。

    この違いわかりますよね。 どっちの人もやってることは同じ。お酒を飲むこと。 違うのは「飲酒」を仕事の後の「幸せ」としてその人が設定しているかどうか。
    この「設定」が重要なんです。

    仕事が辛くなってくるのは、だいたい夕方頃だと思うんだけど、その時間に、あの美味しい生ビージョッキ🍺一杯が心の中に見えている人は、仕事にも身が入る。
    見えていない人は、ただただ辛いだけの仕事になってしまう。 ほんの些細なことなんだけど大きな違いが生まれてくるんです。

    これもドーパミンがなせるわざ。未来に幸せがあれば、やる気がアップして、人は生きいきと生きられるのよ。

    ③他にも…「俺はあのアメ車に乗るのが夢だ。どうしてもキャデラックが欲しい」ということになれば…一日たった500円でも貯金箱にチャリンと入れる。もうこれだけでも楽しい気分に。更には、食費を浮かすために外食をやめて弁当をつくるのも残業をするのもちょっぴり楽しくなる。

    自分の預金通帳を見ながら「よ~し、目標まであと60万円だ」とかニヤニヤするのも一つの「喜び」になるよね。 そして念願のキャデラックを手に入れて、ぶるるんとエンジンをかけた時
    には言葉にできない喜び&生きてる実感を感じられるはずです。

    このように、未来に「幸せ」を設定してそこに向かって歩いていく。これが毎日を楽しく充実させて生きる秘訣だよ~ん。 そして未来に幸せがいっぱいあればあるほど、今が幸せになるんです。

    ではこれとは反対に未来に幸せを設定していないとどうなるでしょうか?

    稼ぐために「仕方がないから」仕事をして、帰りの満員電車では「何となくスマホ」を開いて…家に帰れば何となくテレビを観て、時間になったら(明日も早いからと)仕方なく寝る。
    こんな日を月~金まで5日間続けて、金曜日の夜は少しだけ喜びを感じるけど、土日は何となく起きて、お昼にはアッコにおまかせを観て…何となくイオンに行って…日曜の夜にはまた
    どんよりと心が曇ってくる。

    こんな毎日を続けていると、喜びも充実感も生きている実感もあったもんじゃないですよね。未来に幸せを設定していなければ、どんなに健康でもお金に余裕があっても充実した日々は
    手に入らないんです。

    なので…未来に幸せをたくさん設定すれば、やる気のある充実した毎日を過ごせる。未来に幸せが見えていなければ、どんよりとした毎日になる。ここまでは大丈夫ですね。

    では、未来に幸せを設定するにはどうしたらいいかっていうことですよね。 難しいことではなくて、ポイントは3つです。

    ① 自分にとっての幸せを明確にする

    ② やったことのないことをする

    ③ 平日にも楽しみを設定する

    この中でも①が最も大切だと思っています。その理由は…

    幸せとはなに? その答えは「人それぞれ」 これが答えです。味覚なんかと同じで…納豆にマヨネーズをかけて食べるのが大好きな人にとっては、人が何と言おうとそれが好き・
    幸せなんです。これと同じで「幸せ」も十人十色。人それぞれの「幸せ」があるんです。その人の心が「幸せ」って感じればそれでいい。理屈はいらないんです。 

    ここで気をつけなければならないのが、周囲からの刷り込み。例えば、メディアからの刷り込みで、海外旅行に行けばそこにとんでもない幸せが待っているみたいな。

    高級料理店に行かなければ本当に美味しいものを食べられないとか。 いい大学に入っていい会社に就職すれば幸せになれるよって大人から聞かされて育つ子供とか。

    こんな情報を真に受けてしまっては、自分の幸せはどこか遠くの自分の手の届かないところにあるような気がしてしまう。…地位とお金さえあれば私は幸せになれる。
    そうでない私は自分は負け組だ。ほどほどの幸せで我慢しなければ…って勘違いしてしまいがちです。

    確かに…昭和の中頃までは収入が高いと幸せになれました。高収入だと3度の食事には困らないし、冷蔵庫も洗濯機も。車も買えたしマイホーム🏠も建ちました。こどもが
    病気になったら病院にも診てもらえました。ところが一般庶民は、毎日汗水たらして働いてやっと3度の食事にありつけるかどうか?人間らしい生活をするのもままならなかった。

    あの時代には確かに「世間から幸せに見える」ことと「自分の幸せ」はほぼ=(イコール)でした。あれから60年(綾小路きみまろ)
    時代は変わりました。既にエアコンはある。電子レンジもある。スマホ持ってる。タピオカミルクティー飲みたいと思ったらすぐにでも飲める。

    海が見たいと思ったら会社帰りにだって行ける。🚙で20分も走れば温泉にだって入れる。映画を観たけりゃAmazon primeで家に居ながら好きな映画を観ることができる。

    本場の讃岐うどんを食べたいと思ったら、お取り寄せですぐに購入できるし頑張れば日帰りで食べに行くこともできる。

    こんな感じで、今の僕らの住む世界にはそこそこの稼ぎさえあれば何でも欲しいものは手に入ります。天下の徳川家康も羨むような生活が送れています。
    いくらお金がたくさんあるからといって一日十食食べるわけにはいかないし。子供のお弁当に毎日フォアグラやマツタケを入れるわけでもないですよね。

    今は誰もが喜びを平等にゲットできる。そんな時代になったんです。 なので、ホテルのバイキングのように、自分の好きなことをチョイスして好きなだけ楽しむ。
    これですね。

    ここで問題になるのが、「自分には何が幸せなのかわからない}っていうこと。人って案外自分のことをわかっていない人も多いんですね。

    そこで②がお薦めです。②は、「やったことのないことをする」です。チャレンジ!だよね。友達に誘われて大相撲を観にいったら、その後どっぷりハマっちゃったとか。
    無理やりゴルフに連れていかれたけど…それがきっかけでゴルフにはまっちゃったというのはよくある話です。自分にとっての幸せは意外なところに隠れていたり
    するもの。それを見つけるには、「やったことのないことをやってみる」のが一番の近道かも。

    アロマの専門店にいったらアロマにはまっちゃうかも知れません。ペットショップにいったら八ネズミに恋するかも? スポーツジムやボクササイズの無料体験に行っても
    もしかしたらその汗をかく気持ちよさから、どっぷりハマるかも知れませんよ。

    こういった体験は、自分探し・自分を知るという意味で「自由研究」みたいなワークだと思っていただけるといいですね。どんなことでも「やったことのないことをする」と
    どんどん自分の幸せのレパートリーが増えていきます。

    こうして自分の幸せが明確になったところで、あとは未来に幸せを設定するだけでOKです。

    ③平日にも幸せを設定する。

    幸せが土日だけだと…食事と一緒で5日間も幸せ無しなので「幸せに餓えて」しまいます。土日にはどっと疲れ切って、日曜の夕方には「サザエさん症候群」みたいな憂鬱な
    気分に。

    だから平日にも、例えば、会社帰りに○○の商店街でお買い物しようとか、さっき書いたみたいに仕事帰りに立ち飲みで🍺一杯とか。なんでもいいから小さな幸せをちりばめていくと
    いいと思います。自分の幸せが明確になっていれば、これはもう大丈夫ですよね。

    ちなみに僕の場合、毎朝、逗子海岸を走って、その日の海の波の音や風を感じながらのストレッチ。そこでの仲間との楽しい語らいなんかが超幸せです。あと、仕事を終えて🏠に帰って
    飲む一杯の焼酎…これも毎日の楽しみなんです。 他にも小さな幸せがいっぱい。

    未来に幸せが見えていれば、今が生き生きします。お小遣いで出来る範囲で、平日にもたくさん幸せを設定して見てくださいね。

    まとめ…

    幸せで充実した毎日。そのカギを握るのは「ドーパミン」  幸せに向かって歩き始めたその瞬間から、すぐにドーパミンが分泌されます。喜びを感じます。やる気も起きます。
    ご機嫌でいられます。ご機嫌になれば周りの人にも優しくなれる。自分を幸せにすることが結果として周りの人を幸せにすることになるんですね。

    今は誰でも平等に喜びをゲットできる時代。やったことのないことをたくさん体験して、自分が「心から幸せ」と思えることをたくさん見つけていく。そしてそれらを未来に設定する。

    さあ今日は何をしよう。週末はどこへ行こうってね。それを続けていればもっともっと生きいきした毎日になるはず。
     
    あとね、人生が3万日とすれば、そのうちの2万日は平日だからね。なのでどんどん平日にも幸せを設定してオン・オフのスイッチを切り替えて暮らしていくと人生はキラキラと
    輝いて、死ぬまでぴんぴん元気で生きていけまっせ(*’▽’)

    チャンチャン!

    今日はいつもより更に長かったです。ごめんなさい。

    にもかかわらず最後まで読んでいただいて有難うございましたm(_ _)m